くるま, 未分類

ノンアルコールビールでも飲酒運転になる?!

c0147116_1348405

 

「ビールを飲みたい…」けど、

「運転もしなければいけない!」

って時ありますよね!

 

 

そんな時に、願いをかなえてくれるのがノンアルコールビールです。

 

 

 

しかし、「ノンアルコールビール」と一概に言っても

実は微量のアルコールが含まれている場合もあるんです・・・!

 

 

 

 

ノンアルコールビールとは別名「ビールテイスト飲料」と呼ばれているもので

アルコール度数が1%未満のもののことをいいます。

 

 

実はアルコール度数が1%未満といえど、

その中には完全なアルコール含有量が0%のものもありますが

0.1~0.9%の微量のアルコール分を含んでいるものなど様々です。

 

なので、ものによってはノンアルコールビールという名前がついていても

大量に摂取すれば飲酒運転になってしまうこともあるのです。

 

 

 

【道路交通法】によると

呼気中のアルコール濃度が0.15mg以上検出された場合は「酒気帯び運転」となってしまいます。

 

 

また、検出されるアルコール濃度の数字に関わらず、

飲酒により操縦能力を欠く状態で運転する行為と判断されると

「酒酔い運転」となってしまいます。

 

 

ちなみに、酒酔い運転の方が課される罰が重いです。

 

 

 

 

呼気中にどの程度アルコールが検出されるか、

摂取したアルコールがどれくらい運転に影響するかは、

個人の体質や、その日の体調などにも大きく変わるので

ノンアルコールビールといえど油断できない場合もあります。

 

 

 

 

 

どうしても、ビールを飲みたいときは

ノンアルコールビールといえど、

なるべく0%のものを飲んだ方がよさそうですね。

 

 

 

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中